赤ちゃんのスキンケア方法なのだ!

赤ちゃんのスキンケア方法

思わず触れたくなるほど、水分をたっぷり含んでぷるぷるの状態である赤ちゃんの肌。肌のキレイな状態のことを赤ちゃん肌というほど、まさに理想的な肌の状態といえるのではないでしょうか。

赤ちゃんもスキンケアが必要

なんのトラブルもない赤ちゃんの肌にはスキンケアは必要ないと思うかもしれませんが、反面とてもデリケートな状態であるともいえます。あせもやかぶれが起こることも多いうえ、赤ちゃんは自分でかゆみや違和感を訴えることができないため、きちんと状態を見極めてケアしてあげる必要があります。

優しく体を洗う

赤ちゃんのためのスキンケアは顔のケアというよりも体全体をケアすると考えたほうがいいでしょう。汗をかきやすいため、刺激のない洗浄料をよく泡だてて、ていねいに洗ってあげましょう。汗が肌に残っていると、かぶれの原因になります。首やワキの下、おしりなど見えにくい部分も優しくしっかりと汚れを落としてあげるようにしましょう。

保湿が大切

赤ちゃんの肌は水分量が多い反面、皮脂が少ないため水分が蒸発しやすい状態でもあります。お風呂からあがったら、早めに赤ちゃん用の保湿クリームなどで保湿しましょう。赤ちゃんの肌は保湿さえしっかりしておけば、過度のケアは不要です。夏場は汗をかきやすいパーツにパウダーを軽くはたいてあげましょう。

大人用のローションはNG

大人用の保湿ローションなどは刺激が強いため、避けた方がよいでしょう。大人の肌と赤ちゃんの肌は水分量も皮脂の量も違います。刺激が少ないからといって大人の方が赤ちゃん用のスキンケア用品を使っても効果が期待できないのはもともとの肌のコンディションが全く違うからなのです。

スポンサーリンク