美容液を使う理由知ってる?正しい使い方のまとめなのだ!

美容液の使い方

保湿、美白、アンチエイジングなど、目的に合わせて選ぶことのできるのが美容液です。比較的高価なアイテムでもあり、効きそうだから…となんとなくスキンケアに組み込んでいる方も多いのではないでしょうか。ここで改めて美容液の正しいつけ方と役割について考えてみましょう。

美容液の役割

美容液は美白、アンチエイジング、保湿などの効果がある成分を肌に与える役割を持っています。また、化粧水の後につけることで与えた潤いが蒸発するのを防ぐ効果もあります。

美容液は使わないという方もいるようですが、化粧水や乳液に比べて凝縮された成分が配合されているため、より高いスキンケア効果を実感したい方は是非、取り入れたいアイテムです。

化粧水の2~3分後につける

美容液は乾燥、たるみ、しみ、しわ、毛穴の開きなど肌の悩みに合わせて選ぶようにします。化粧水をつけて2~3分程度待ったあと、美容液を適量手に取り、気になる部分を中心になじませます。

トラブルが気になる部分は重ねづけするとよいでしょう。最後に手のひらでプッシュして肌に浸透させます。

美容液だけではなく、スキンケア全般に言えることですが、アイテムをつけるまえは手のひらを温めておくようにしましょう。冷たい手が肌にふれるのはあまり気持ちのいいものではありませんし、温めたほうが成分の浸透性もアップします。

パッティングをする場合は優しく

また美容液の後に乳液をつけてパッティングするという方がいるようですが、パッティングのしすぎは肌に負担をかけてしまいます。パッティングをするときには肌をこすらないように優しく行うようにしましょう。

スポンサーリンク