無添加化粧品は敏感肌女子の味方なのだ!

敏感肌には無添加化粧品がおすすめなのだ!

毎日のスキンケアもお肌が弱い人にとっては、負担になることがあります。使用する化粧品によっては、お肌に悪影響を及ぼしてしまう成分も含まれていたりします。

お肌が弱い方も安心して、スキンケアを行うには、化粧品に含まれている成分を細かくチェックする事が重要になります。最近は、防腐剤やパラベンなどが含まれていない無添加化粧品も数多く販売されています。

1.無添加化粧品のメリット

無添加化粧品の最大のメリットは、お肌により優しいという事です。添加物たっぷりの化粧品で、365日、スキンケアを行ったとします。するとお肌には、後々何かしらの影響が出ると言われています。1,2回使用しただけではさほど影響はありませんが、何年も継続して使い続ければ、影響もその分、大きくなっていきます。無添加化粧品は、そのような蓄積した影響が何年後かに出るという事はほぼ考えにくいとされています。何年経っても美しいお肌をキープ出来る可能性があるのも無添加化粧品の魅力です。

1-1.敏感肌の方に最適

無添加化粧品を愛用する方の多くは、お肌がデリケートな方でしょう。またアトピーやニキビが出ている方などにも最適です。無添加化粧品には、肌に有害とされる成分を排除しています。その為、お肌が荒れたり、炎症を起こしたりと言うお肌のトラブルリスクを回避できます。

1-2.美容効果も高くなる無添加化粧品

通常の化粧品には、添加物が含まれています。この添加物が与える影響は、お肌だけに限ったことではありません。美容に良いとされる成分が入っていても、添加物が邪魔をして、お肌の奥まで浸透させにくくしてしまうのです。無添加化粧品であれば、添加物が入っていない為、美容成分がスムーズに皮膚の奥まで浸透させることができます。よって、美容効果も高いものとなります。

1-3.身体に優しい

無添加化粧品は、お肌に優しい事で知られていますが、実は、体にもとても優しいのです。添加物たっぷりの化粧品を使い続ければ、身体にも影響を及ぼしてくる場合があります。がんを起こしかねない添加物も存在しています。また添加物が胎児に与える影響も心配されます。ですので、妊娠中の方にも無添加化粧品はお勧めです。
身体への危険リスクまでを軽減してくれるところも無添加化粧品のメリットです。

3.無添加化粧品のデメリット

お肌に優しいという事で、無添加化粧品を使う人が最近、増えてきています。しかし、無添加化粧品にもデメリットが存在します。本当に無添加化粧品は安全なのか。初めて無添加化粧品をお使いになる方は、どこか半信半疑の方も多くいるかと思います。納得できた上で、お使いになることが重要ですので、敢えて、無添加化粧品のデメリットについても知っておきましょう。

2-1.コストが高い

現在、様々な化粧品会社が無添加化粧品を販売しています。クオリティが高いものは、やはりお値段もぐっと上がります。コストが高いと、継続して使用し続けることもなかなか困難となります。添加物が入った通常の化粧品は、防腐剤も安価であったり、量をたくさん作れる化学成分を用いて作られていますので、価格も抑えられますが、無添加化粧品は、天然成分を用いている事が多く、どうしてもコストは高くなります。

2-2.保存力が弱い

無添加化粧品の多くは、保存剤を含んでいないため、保存方法が難しいとされています。消費期限があり、いつ頃までに使い切らなければならないかチェックしておかなければなりません。保存料や防腐剤が入っていない無添加化粧品は、使用する期間も短いものとなり、早く使い切らなければと焦ったり、或いは、使い切れずに消費期限が来たりして、勿体無い思いをすることも多いかもしれません。

2-3.品質の劣化

無添加化粧品には、防腐剤が入っていない為、せっかくの品質も劣化してしまう場合があります。防腐剤として、有名なのがパラベンです。パラベンはアレルギーを起こすことが知られています。パラベンは、商品が腐らないようにしてくれるものなのですが、パラベン=悪と言うイメージが随分定着してしまっています。しかし、現在は、技術の進歩に伴い、パラベンも昔と比べると決して悪と言うものでもないようです。腐ってしまった化粧品を使うことはもっと危険となります。品質の劣化が起こりやすくなり、せっかくお肌に良い効果も下がってしまうことがあります。

3.無添加化粧品の選び方

現在、数多くの無添加化粧品があります。どれを選んだら良いのか分からないという方も少なくないようです。まずは、ご自分の肌質を知っておきましょう。自分が理想とするお肌に近づけるようにどのような成分が入っているかもしっかりと確認する事がポイントです。

3-1.肌タイプに合った無添加化粧品

様々な肌質の方がいます。特に問題のない綺麗なお肌の方も多くいますが、乾燥してしまいがちな方や、少しの刺激でもお肌が荒れてしまう敏感肌の方。お顔全体に皮脂が出やすい方。それぞれの肌タイプに合わせた無添加商品を選ばれると良いでしょう。乾燥肌の方はとにかく保湿を重視しましょう。脂性肌の方も、保湿が重要です。お肌が過剰に皮脂を分泌してしまう前に保湿対策を行いましょう。

3-2.なりたいお肌を目指した無添加化粧品

なりたい理想のお肌は、人それぞれ違います。加齢から来るしわやたるみを防ぎたい方は、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分が豊富に含まれた無添加化粧品を選択すると良いでしょう。敏感肌の方は、よりオーガニックな化粧品を選ぶことで、お肌をより健やかに保つ事ができます。ニキビや肌荒れでお悩みの方は、まずは皮膚科の診断を受けましょう。症状が改善してきたら、ニキビや肌荒れに有効な無添加化粧品で、ケアをしていきましょう。

4.人気の無添加化粧品

現在、数多く販売されている無添加化粧品ですが、中でも人気の商品をいくつかご紹介します。

4-1ファンケル「無添加スキンケア」

無添加化粧品で有名なのがファンケルの無添加化粧品です。ファンケルの無添加化粧品は、乾燥肌の方、アンチエイジングを目指している方、美白になりたい方、ニキビでお悩みの方と、多くの無添加化粧品があります。それぞれのお肌のタイプやお悩みに合わせて、お使いいただけます。ファンケルの無添加化粧品には、お肌に有効な成分を阻害させる添加物は一切含まれていませんので、より高い効果が期待できます。

4-2HABA「無添加スキンケア化粧品」

HABAの無添加化粧品は、パラベンフリーです。その他、石油系界面活性剤、合成香料、タールなどを使用していません。無添加で、お肌本来の美しさを保ちます。メイク用化粧品も顔料を無添加にしています。コストも数ある無添加化粧品の中でも比較的抑えていますので、購入しやすいところも魅力です。

化粧品の成分に興味のある方はコチラの記事も参考になると思います。

オールインワン化粧品で楽々スキンケアなのだ!

日頃のスキンケアは、大切ですが、忙しい日は、ついスキンケアを惰ってしまいがちになります。現在の日本において、女性の社会進出は目覚しく、男性と同じように仕事に追われ、更に、子育てや家事にも追われ、なかな

toeradio.org

スポンサーリンク

関連情報まとめ

  1. 名前:生き甲斐・・!中間孝明 投稿日:2016/01/31(日) 09:27:09 ID:589fc6ab0

    先日ようやく無添加の石鹸を見つけて購入。早速洗髪、髭剃り、洗顔、体に使ってみた。大変使い心地が良い。余計な香り、ぬめり、体に残るものも無くさっぱりした。頭も長年のかゆみも無くなりそうです。髭剃り後のひりひり感も無くなりました。化粧品メーカーの売らんが為の添加物の害から解放された。

  2. 名前:❁はな❁美容diet情報 投稿日:2015/11/07(土) 01:51:40 ID:589fc6ab0

    ヨーロッパの方がたくさんオーガニックコスメとかがあるのは

    日本より基準が厳しく、しっかりしているからです

    日本は以外と海外より添加物や化学調味料も何倍も多いし

    化粧品に関しても基準が甘いです

    日本は“無添加”にあまり基準がないので、ちゃんと成分を見て判断することが大切

  3. 名前:最先端美容@アンチエイジング 投稿日:2015/10/23(金) 06:02:21 ID:589fc6ab0

    無添加化粧品は、「人工添加物を使用していない」化粧品

    オーガニックコスメは「天然のものだけで作られた」化粧品

  4. 名前:CHICK 投稿日:2015/09/03(木) 06:36:11 ID:589fc6ab0

    本気で思うんだけども、文明の利器のこのご時世で、無添加やミネラル化粧品はマジで管理大変だし危険だと思う。

    保存料がねーと困る。

    食品添加物とタバコに対して現代はひどいプロパガンダのオンパレードだよ。

  5. 名前:ごん ころひ 投稿日:2015/06/13(土) 00:05:06 ID:589fc6ab0

    昔いってた美容院で某自然派化粧品のリップクリーム勧められて、無添加だから添加物いっぱいのコンビニ弁当食べるよりコレ❨リップクリーム❩食べた方が体にいいよ!って言われてこの人何言ってるのかなーって思った。

  6. 名前:の の ち ん 投稿日:2015/06/08(月) 21:47:21 ID:589fc6ab0

    僕肉もあんま食べないし乳製品とか白砂糖とか控えてるし、危険な添加物とかなまら気にしてるし
    シャンプーとか化粧品もなるべく無添加で動物実験してないメーカーのにしてる
    で、友達に健康ヲタク過ぎてキモイ言われるわ〜〜

  7. 名前:りつ 投稿日:2015/05/17(日) 01:48:53 ID:589fc6ab0

    十把一絡げには語れないけど、無添加と謳っている多くの大手メーカーやアッパーブランドの化粧品は、肌に有害な化学添加物が大量に入っていて、美容成分の配合率も大して多くない詐欺商品が多いので、あまりお勧めできない。

  8. 名前:有名人も愛用!1コイン化粧品! 投稿日:2015/04/13(月) 07:18:36 ID:589fc6ab0

    無添加化粧品といってもさまざまですが、意味を理解しておくことが大切です。なぜなら、一つでも添加物が無添加なら、無添加化粧品として販売できるためです。この事は、化粧品を利用する上で意識しておく必要があります。

  9. 名前:ダイエット♡ツイートまとめbot 投稿日:2015/04/09(木) 18:40:41 ID:589fc6ab0

    一見綺麗な素肌でも化粧品に含まれる防腐剤などの添加物や、肌がピリッとする刺激の強い成分で肌は大きな負担がかかっています。そんなケアを続けると肌本来の機能が低下します。シワや見た目に影響が出るので刺激のない無添加の物に変える事をオススメします。