正しい洗顔のやり方・方法

洗顔の方法

スキンケアの基本といえるプロセスが洗顔です。きちんと洗顔して汚れが落ちていなければ、そのあとの化粧水や美容液も肌に浸透せず、効果を発揮することができません。与えるケアも大切ですが、まずは洗顔で汚れを取り除いて肌をクリーンな状態に戻すようにしましょう。

洗顔の重要度

毛穴の汚れはクレンジングでは落ちない

洗顔の目的は肌表面の汚れだけではなく、毛穴の中の汚れも落とすことです。メイクをしている方の中にはクレンジングだけで洗顔をしていないという方もいるようですが、毛穴の汚れはクレンジングでは落とすことができません。またメイクをしていないときも洗顔料を使ってきちんと毛穴の汚れを落とすようにしましょう。

スキンケアというと化粧水や美容液、クリームといった与えるアイテムばかりにお金をかけがちですが、洗顔料選びも大切なプロセスです。肌にあった洗顔料に切り替えるだけで見違えるように肌がキレイになる場合もあります。ニキビなどの肌トラブルを防ぐためにも、肌にあったアイテムを選ぶようにしましょう。

朝晩2回が基本

洗顔は朝晩2回行うのがベストです。夜の洗顔は入浴時に行うという方がほとんどだと思いますが、なるべく早くメイクを落とすためにも帰宅したらすぐにクレンジングと洗顔をすることをオススメします。洗顔後は化粧水で軽く保湿しておきましょう。

お風呂で洗顔する場合、湯船に入って温まる前にまず洗顔するという方がほとんどだと思います。シャンプー後にシャンプーが髪の生え際に残ったりしないように、お風呂からあがる前にもう一度ぬるま湯で流すようにするとよいでしょう。

洗顔の方法

化粧水や美容液など、与えるスキンケアのお手入れ方法はしっかり理解している!という方も、洗顔についてはあまり深く考えていない…という方が多いのではないでしょうか。漫然と洗うのではなく、正しい洗顔方法で洗顔すれば肌を傷めないだけではなく、キメの細かい毛穴の目立たない肌に導くこともできます。ここで正しい洗顔方法について考えてみましょう。

最初に必ず手を洗う

まず顔を洗う前に手を石鹸で洗うこと。手が汚れていては洗顔料も十分に泡立ちません。次に顔をぬるま湯で濡らします。冷たい水は毛穴が閉まって汚れが落ちづらくなってしまいますし、熱すぎるお湯は皮脂を奪うためシワの原因になります。

洗顔料は泡立てネットを使ってよく泡立てるとよいでしょう。ホイップ状に泡立てたら泡を顔にのせます。ゴシゴシこするのではなく、泡を転がして汚れを吸着するようなイメージで洗いましょう。小鼻やアゴなど皮脂の分泌が多いパーツは小さな円を描くようにして洗います。力を入れ過ぎないようにすることがポイントです。

クリームタイプは量をたっぷり

クリームタイプの洗顔料は肌全体に伸びるよう、十分な量を手に取りましょう。ついつい力が入りがちですが、指の腹を使って汚れを浮き上がらせるように、やさしく洗うのがコツです。

髪の生え際は要注意

全体的に洗ったら、ぬるま湯で十分にすすぎます。髪の生え際や小鼻の脇、アゴやこめかみなどに洗顔料が残らないようにしましょう。すすぎにかける時間の目安は洗う時間の倍必要だと言われています。

すすいだ後は清潔なタオルで押さえるようにして水分を拭き取ります。肌に水分が残っているうちに化粧水で保湿するようにしましょう。

スポンサーリンク