年代別にスキンケアの特徴をまとめてみたのだ!

年代別スキンケア

10代のスキンケア方法

ニキビなどの肌トラブルに見舞われやすい10代の肌。過剰なお手入れは必要ありませんが、大人になってからもキレイな肌を保つためには紫外線防止や洗顔などのシンプルなケアは必要です。ここで10代のスキンケアについて詳しく考えてみましょう。

10代のみなさんは学校の部活などで汗をかく機会が多いのではないでしょうか。スポーツをしていない場合も学校は空調が効いていないこともありますから、汗やベタつきが気になることもあるでしょう。

成長期でもあるこの時期は成長ホルモンが分泌されることにより、皮脂の分泌量も過剰になりがちです。まずは正しい洗顔方法をマスターして肌を清潔に保つようにしましょう。基本的には洗顔は朝と夜の2回で十分ですが、日中汗やベタつきが気になる時はぬるま湯だけで洗ってみましょう。洗浄力の強い洗顔料を使い過ぎるとかえって肌を傷めてしまいます。

また紫外線防止ケアも大切なポイントです。外でスポーツをする場合はもちろんのこと、日ごろからSPF値の低い日焼け止めを使用して紫外線のダメージから肌を守るようにしましょう。10代で無防備に紫外線を浴びていると20代、30代になってからシミやそばかすに悩まされることになります。紫外線を浴びてしまった後は肌が落ち着くのをまってから保湿・美白ケアをするとよいでしょう。

10代の肌は皮脂の分泌が十分であるため、美容液やクリームを使用する必要はありません。化粧水と乳液だけのケアで十分でしょう。

また最近は10代のうちからメイクを楽しむ人が増えているようです。メイクをしたときは必ずクレンジングをして汚れが肌に残らないようにすることが大切です。

20代・30代のスキンケア方法

10代のころはなにもお手入れをしていなかった人もメイクをする機会が増える20代になるとスキンケアについて真剣に考えるようになるのではないでしょうか。また30代は毎日のスキンケアはもちろんのこと将来のことを考えてアンチエイジングケアの必要性も感じるようになるでしょう。

まだ早いと感じるかもしれませんが、本来、アンチエイジングケアも20代のうちから考えるようにしたいもの。きちんとお手入れをしないと20代で受けた肌ダメージがそのまま5年後10年後の肌に現れてしまうからです。

20代以降になるとメイクをする人がほとんどだと思いますが、メイクをしたときは必ずきちんとクレンジングをするようにしなければなりません。メイクを落とさずに寝ると肌に負担がかかってしまいます。疲れているときでもサッとクレンジングできるよう、クレンジングシートを用意しておくとよいでしょう。

また仕事が忙しくなる20代、30代はストレスからくる肌トラブルに悩まされることもあります。ストレスが溜まらないような生活を心がけ、自分だけの気分転換やストレス解消方法を持っておくことが大切です。

また20代以降になると、季節の変わり目に肌が敏感になることがあります。いつも使っている化粧品が肌に合わないと感じることもあるかもしれません。

こんなときのために敏感肌用のアイテムをスタンバイさせておくのもオススメです。20代以降は毎日ただひたすら同じ化粧品を使い続けるのではなく、肌の声に耳を傾けながらケアするように心がけましょう。

40代以降のスキンケア方法

20代、30代に続けてきたスキンケアの集大成とも言える40代の肌。正しくお手入れをしていなかった場合40代になるとガクッと肌のコンディションが下がったように感じるかもしれません。

もう年だから…と諦めてしまうのではなく、これからできるスキンケアを地道に続けて、少しでも肌が上向きになるように心がけましょう。

一番大切なのは、しわやたるみ、くすみなどさまざまなエイジングサインの原因になる紫外線を徹底的に防ぐこと。若いころ、きちんと紫外線対策をしてこなかったという方は40代になってきちんとケアしていた人と明らかに差がついているはずです。

今からでも正しいケアをすれば肌はきちんと応えてくれます。メイクをしないときでも日焼け止め効果のある下地などを使って、とにかく紫外線を防ぐようにしましょう。また日焼け止めを使ったらクレンジングすることも忘れないようにしてください。

次に考えたいのが保湿です。美白もアンチエイジングケアも保湿されていない肌では効果を十分に発揮することはできません。40代以降は肌自体が持つ保湿力や保水力が衰えてくるためコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった成分が配合されているコスメでケアしたり、サプリメントを摂るのもオススメです。

たるみやシワを改善するマッサージや表情筋のストレッチなどを取り入れるのもいいでしょう。食生活や生活習慣にも気を配り、体の中から肌を丈夫に美しくする努力も必要です。また加齢によって起こる乾燥が原因で敏感肌に傾いてしまうことも増えてきます。お手入れをしているのに肌の状態がよくならないという場合は基礎化粧品自体を見直してみる必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

関連情報まとめ

  1. 名前:天下無双☆LOVE4423 投稿日:2015/12/13(日) 04:42:19 ID:589fc6ab0

    スキンケアの話の続きだけど肌に負担をかけないことが肌に大切なこと。
    紫外線による肌のダメージは血管とか正直関係ない。
    スッピンでもついてしまう空気の中の汚れ、メイクも肌には負担。これをきちんと取り除いて、肌の負担である乾燥を防ぐことも大切。
    だからスキンケアは全く無意味ではない。

  2. 名前:寝てる間のプチ努力 投稿日:2015/07/30(木) 13:41:50 ID:589fc6ab0

    メイクは大人の女性のたしなみ、楽しみでもありますが、油分を多く含むものを何時間も肌に乗せるのは、ダメージも大きい…。
    必要最低限のスキンケア、紫外線対策などで肌を休ませる時間を作ってあげたほうがいいんだって。

  3. 名前:びゅてぃ@相互フォロー 投稿日:2015/07/27(月) 12:48:47 ID:589fc6ab0

    の保湿力でメイク中もスキンケアができます。紫外線吸収剤不使用ながら、絶妙なカバー力と高い紫外線防止効果でアウトドアにも使用できます。合成界面活性剤不使用。合成ポリマー不使用。合成防腐剤不使用。タール系色素不使用。無香料。SPF50PA+定価:5,122円(税込)140円49

  4. 名前:今日から女子力アップ! 投稿日:2015/07/04(土) 02:26:06 ID:589fc6ab0

    スキンケアもやりすぎはNG?「肌断食」の薦め 一ヶ月に一回でもノーメイク・ノー化粧水・ノー乳液の日を作り、水とぬるま湯で朝晩二回の洗顔のみ。紫外線は出来るだけ避けます。何もしないことで肌自ら潤う力、自己免疫力を取り戻すというもの。バランスが大事ですが時には良いかもしれませんね

  5. 名前:ビューティアイディア♡女子力アップの秘訣 投稿日:2015/06/26(金) 01:25:12 ID:589fc6ab0

    スキンケアもやりすぎはNG?「肌断食」の薦め 一ヶ月に一回でもノーメイク・ノー化粧水・ノー乳液の日を作り、水とぬるま湯で朝晩二回の洗顔のみ。紫外線はできるだけ避けます。何もしないことで肌自ら潤う力、自己免疫力を取り戻すというもの。バランスが大事ですが時には良いかもしれませんね

  6. 名前:こうそくどうり@相互フォロー 投稿日:2015/06/17(水) 06:37:14 ID:589fc6ab0

    イズの7gを2個、14gの出品です。2014年1月購入品のおまけでした。SPF35PA++、ウォータープルーフで、日常紫外線対策もバッチリです。無香料、無人工着色料、無鉱物油、パラベンフリー、紫外線吸収剤フリー、こだわりのクリームです。1本でスキンケアからベースメイクまでのステッ

  7. 名前:水仙 投稿日:2015/06/16(火) 05:01:45 ID:589fc6ab0

    中3の頃の担任の体育教師(30代女性)がスキンケアの重要性と紫外線の破壊力を現物(ノーメイク)見せて実感させてくれた上強制日焼け止め持参といった強引な指導の御蔭で同年代より若干ではあるがシミは少なくて今となっては義務教育内最大の収穫になったと思う、先生有難う御座いました。

  8. 名前:毎日の美容ケアは大事 投稿日:2015/06/11(木) 05:45:12 ID:589fc6ab0

    たいていは、毛穴、乾燥、たるみ、しわ、くすみのどれかひとつでもスタートすると、次々と皮膚の老化が進みます。
    配意しましょう。
    極力紫外線予防のメイク用品を取り入れケアするようにすることで、わりとスキンの老化現象を徐々に遅らせるというポテンシャルがあるでしょう。

  9. 名前:びゅてぃ@相互フォロー 投稿日:2015/06/06(土) 01:43:40 ID:589fc6ab0

    PA+で、気になる紫外線をしっかりカバーして、スキンケア効果もあるCCクリームです。オイルセパレート処方で伸びがよく、フィット感に優れ、長時間メイク崩れを防ぎます。独自のプリズム作用で、薄付きでも欠点をしっかりカバーし、気になるシミくすみ小じわをカバーします。スキンケア20

  10. 名前:メイクを大切に 投稿日:2015/06/01(月) 12:45:22 ID:589fc6ab0

    また、特に紫外線はお肌の内部の機能を低下させてしまうので、スキンのハリや弾力が失われ、ゆっくりとしわやたるみのトラブルが生じるのです。
    お肌のケアに使用するメイク用品の要素もよく選定して、抗酸化作用あるいは代謝促進作用のある成分配合の化粧品を厳選しましょう。

  11. 名前:美肌自慢 投稿日:2015/05/26(火) 22:45:06 ID:589fc6ab0

    この先のあなたはどんなか、例えてみれば、今から半年後の自分を想像して正当なスキンケアに取り組むべきです。
    それはさておきいくら敏感肌の方でも、メイク用品は活用しないと紫外線や空気の乾燥などでゆっくりとスキンにダメージを受けることになります。

  12. 名前:美肌スキンケア 投稿日:2015/05/22(金) 22:45:13 ID:589fc6ab0

    コラーゲンは、要はスキンの弾力を調節する成分なのですが、紫外線を浴びると破壊されてしまいます。
    紫外線に留意です。
    それはそうと、肌の上からケアしていくメイク用品のほかにも、飲んで効き目を出すサプリメントもあるので活用しましょう。

  13. 名前:那須塩原市 勤労青少年ホーム 投稿日:2015/05/20(水) 12:22:07 ID:589fc6ab0

    本日から 大人のための スキンケア&メイク講座がスタートします!!
    隔週水曜日の開講です。よろしくお願いしま~す!!
    紫外線の多い季節になってきました。気になるお肌のことも、いろいろ教わっちゃいましょう~!!

  14. 名前:のえ@日々幸せ♡ 投稿日:2015/05/20(水) 09:45:55 ID:589fc6ab0

    もう一つ体質改善で続けてる肌断食は2年過ぎましたー❗️スキンケア一切止めて、乾燥が気になる時は白ワセリンとホホバ油のみ使用。メイクもほぼポイントメイクだけで、ファンデは紫外線が強い時だけパウダーを乗せてます。肌調子は良くなってるのかなぁ?吹き出物出る率は減ったけど。

  15. 名前:モデル級美人になれる美容法 投稿日:2015/05/20(水) 07:00:15 ID:589fc6ab0

    ほくろを数えると増えるというのはウソらしいよ。ただし、紫外線、メイクやスキンケアで肌に強い刺激を与える、食事の栄養バランスが悪い、睡眠不足やストレス、などによってほくろが増えるんだって。

  16. 名前:大人の恋愛あるある 投稿日:2015/05/17(日) 10:45:21 ID:589fc6ab0

    ところで、首のしわに関しては、メイク用品を使用するなどして、顔のスキンと併せてケアしていくと理想でしょう。
    それはさておき、とりわけ紫外線はお肌の内部の働きを低下させてしまうので、肌のハリや弾力が失われ、ゆっくりとしわやたるみのトラブルが生じるのです。

  17. 名前:美肌自慢 投稿日:2015/05/17(日) 06:45:12 ID:589fc6ab0

    できれば紫外線予防のメイク用品を取り入れケアするようにすることで、比較的スキンの老化現象を徐々に遅らせるというポテンシャルがあるでしょう。
    因みにストレスが要素のにきびは、コスメ用品のみでケアするのはわりに難しいのが実態ですね。

  18. 名前:美肌になる 投稿日:2015/05/16(土) 18:45:16 ID:589fc6ab0

    肌のアンチエイジングでは、正しいスキンケアの手法や、自分の肌にあったメーク用品選びなどがベーシックです。
    それといくら敏感肌の人でも、メイク用品は活用しないと紫外線や空気の乾燥などで徐々にスキンにダメージを受けることになります。

  19. 名前:○shion○ 投稿日:2015/05/09(土) 07:46:21 ID:589fc6ab0

    最近まで紫外線も全く気にせず夏も日焼け止めすらろくに塗らなかったから、今そのボロがきてるんだろうなー>_<
    少しずつ肌トラブルは減ってきてるけど。
    エステ行く様になって、メイクレッスンだったり、スキンケアについて学ぶ事が増えてから。意識する事も変わったなあ〜

  20. 名前:NARU 投稿日:2015/05/05(火) 14:22:00 ID:589fc6ab0

    何も楽しみがないから元から無い女子力がもっと無くなって、ゼロどころかマイナスになってる。一時は過剰なまでに紫外線を避け、メイクも帰宅して一番に落として、スキンケアにもかなり時間をかけていたこの私が。

  21. 名前:美肌の日々 投稿日:2015/05/02(土) 23:45:05 ID:589fc6ab0

    いずれにせよ普段スキンケアに大切な基本の活動を完備させるのには、化粧水あるいは美容液は効果的です。
    話は変わりますがシミへの施策には美白用のメイク用品を活用するひともいっぱいいるのも実態です。
    特に妊娠中には、定期的に紫外線の施策を心がけるように注意しましょう。

  22. 名前:美肌スキンケア 投稿日:2015/05/02(土) 16:45:17 ID:589fc6ab0

    コラーゲンは、そもそもスキンの弾力を調節する養分なのですが、紫外線を浴びると破壊されてしまいます。
    紫外線に配慮です。
    肌のケアに利用するメイク用品の養分もよく厳選して、抗酸化作用または代謝促進作用のある成分配合のメーク用品を選定しましょう。

  23. 名前:美肌自慢 投稿日:2015/04/23(木) 09:45:12 ID:589fc6ab0

    スキンの乾燥によるシワは、潤いの活動のあるスキンケアでそこそこの改善ができ、スキンの状態が元に回復することでしょう。
    それといくら敏感肌の方でも、メイク用品は使用しないと紫外線や空気の乾燥などで徐々に皮膚にダメージを受けることになります。

  24. 名前:美肌自慢 投稿日:2015/04/23(木) 05:45:10 ID:589fc6ab0

    スキンケアを怠ると、しわあるいはたるみといった老化のスピードを間違いなく速めるのが一般的です。
    怠慢はNGです。
    できれば紫外線予防のメイク用品を取り入れケアするようにすることで、わりと皮膚の老化現象を少しずつ遅らせるという可能性があるでしょう。

  25. 名前:美肌はケアから 投稿日:2015/04/23(木) 01:45:13 ID:589fc6ab0

    それからいくら敏感肌のひとでも、メイク用品は活用しないと紫外線や空気の乾燥などでゆっくりと皮膚にダメージを受けることになります。
    とはいってもスキンのトラブルの原因は、毎日の スキンのケアの不足からによるものが大半なのです。

  26. 名前:女子力ってなんだ? 投稿日:2015/04/19(日) 18:15:27 ID:589fc6ab0

    乾燥肌はすべてのスキンのトラブルの直接の動機となる、というのが普通な考え方です。 できれば紫外線予防のメイク用品を取り入れケアするようにすることで、比較的肌の老化現象をゆっくりと遅らせるという可能性があるでしょう。

  27. 名前:女子力ってなんだ? 投稿日:2015/04/17(金) 18:15:35 ID:589fc6ab0

    なるべく紫外線予防のメイク用品を取り入れケアするようにすることで、比較的スキンの老化現象をゆっくりと遅らせるという見込みがあるでしょう。 それと、意外かもしれませんが使用する化粧水は、高額なものを買い物するのではなく、わりと安いもので十分なのです。

  28. 名前:今の自分に恋してる? 投稿日:2015/04/17(金) 12:49:47 ID:589fc6ab0

    どんな成分がどんな形でメイク用品に配合されているのかにもちゃんとと目を向けすべきです。 常々紫外線をできれば浴びないようにして、スキンに負担をかけないやさしいケアを保持していくことも大事なのですね。

  29. 名前:美肌は毎日の正しい生活から 投稿日:2015/04/16(木) 01:02:22 ID:589fc6ab0

    コラーゲンは、根本的にスキンの弾力を制御する成分なのですが、紫外線を浴びると破壊されてしまいます。 紫外線に配意です。 基本的に、くすみについては、キメの荒れを確かなレベルに戻すようなメイク用品でのケアを心がけることが重要となります。

  30. 名前:MIKI* 投稿日:2015/04/15(水) 03:00:48 ID:589fc6ab0

    スキンケアの後はUVブロック入りのパウダーファンデーションを優しくふわっとのせるのが一番♪パウダーには、もともと紫外線を反射させる効果があります♪一つ一つが球体なのでね♥朝のメイクで挑戦してみて下さい♪お肌が軽いし、変なテカりは出ず、自然なツヤ、午後くすみません。

  31. 名前:HAPPY女子宣言! 投稿日:2015/04/15(水) 01:17:44 ID:589fc6ab0

    いくら敏感肌のかたでも、メイク用品は使用しないと紫外線や空気の乾燥などで少しずつスキンにダメージを受けることになります。 日頃からしっかりマッサージや肌のケアを保持していくとよいと思います。

  32. 名前:肌のケアは大事 投稿日:2015/04/14(火) 07:45:20 ID:589fc6ab0

    因みに、皮膚の上からケアしていくメイク用品のほかにも、飲んで効用を出すサプリもあるので使用しましょう。
    いつも紫外線をできるだけ浴びないようにして、スキンに負担をかけないやさしいケアをキープしていくことも大事ですね。

  33. 名前:美容に役立つつぶやき集 投稿日:2015/04/13(月) 14:08:17 ID:589fc6ab0

    できれば紫外線予防のメイク用品を取り入れケアするようにすることで、比較的スキンの老化現象を徐々に遅らせるというポテンシャルがあるでしょう。それから、たくさんの女性のもっとも主流な困りごとは、毛穴、乾燥、たるみ、シワ、くすみです。

  34. 名前:なりきり!ステキ女子☆ 投稿日:2015/04/13(月) 09:20:47 ID:589fc6ab0

    いずれにしてもどんな成分がどんな形でメイク用品に配合されているのかにもちゃんとと目を向けすべきです。 常々紫外線をできれば浴びないようにして、スキンに負担をかけないやさしいケアを保持していくことも大事なのですね。

  35. 名前:オールインワンゲル安くて売れてる 投稿日:2015/04/12(日) 23:30:29 ID:589fc6ab0

    スキンケアの基本は潤いを保持することです。 ホントに早急に対策したいですね。 極力紫外線予防のメイク用品を取り入れ手入れするようにすることで、比較的スキンの老化現象をゆっくりと遅らせるという可能性があるでしょう。

  36. 名前:よくわかる今の1番キレイ☆ 投稿日:2015/04/09(木) 08:48:09 ID:589fc6ab0

    日常生活から問題のあるスキンになる原因がないか調べ、無益なケアは避けるようにしましょう。 それはさておきいくら敏感肌の方でも、メイク用品は利用しないと紫外線や空気の乾燥などで徐々に肌にダメージを受けることになります。