夏のスキンケアのチェックポイントをまとめてみたのだ!

夏のスキンケア

みなさんは季節ごとにスキンケアの方法を変えていますか?一年中、ひたすら同じお手入れを続けている…というのは考えもの。乾燥する冬と同じお手入れを夏に行うと肌トラブルを引き起こすこともあります。汗をかく機会の多い夏はどんなスキンケアをすればよいのでしょうか。

夏のスキンケア

夏はエアコンで乾燥する

汗をかいてタオルやハンカチで拭くことを繰り返していると、肌はどんどん乾燥していきます。また夏場の空調が効いた室内は乾燥していることが多いため、気がつかないうちに水分がどんどん失われていってしまいます。夏場は化粧水で保水するだけではなく、与えた水分を逃がさないよう保湿するケアも大切なのです。

汗はこまめに拭き取ろう

汗をかくと毛穴の汚れが落ちるというメリットもありますが、汗をそのままにしておくのは肌によくありません。汗をかいたら柔らかいタオルで押さえるようにして拭き取るようにしましょう。そのあと、外出先なら日焼け止め効果のある乳液などをなじませるとよいでしょう。

自宅にいる場合は洗顔してもOKですが、夏場1日に何度もクレンジングしたり顔を洗うとかえって皮脂の分泌を増やしてしまう場合がありますので注意しましょう。

クリームは必要ないけど美容液はほしい

暑い時期の朝晩のお手入れは化粧水と乳液に必要に応じて美容液をプラスすればよいでしょう。ベタつくときに無理にクリームを使う必要はありません。肌にとって快適なお手入れを選ぶようにすればOKです。

出かける前に紫外線対策も

また朝のお手入れに紫外線防止アイテムを組み込むことを忘れないようにしましょう。汗をかいたあとはすみやかに汗をふきとり、紫外線防止クリームなどをこまめに塗り直すようにしたいものです。

スポンサーリンク