冬のスキンケアのチェックポイントをまとめてみたのだ!

冬のスキンケア

たく乾燥した空気で肌が乾燥しがちな冬のスキンケアにはどのようなお手入れが必要でしょうか。

冬のスキンケア

普通肌の人も乾燥肌と同じ対策を

寒い時期は外だけではなく、暖房が効いた室内も空気が乾燥しています。普通肌の方も冬場は肌が乾燥するということも多いのではないでしょうか。冬のお手入れはとにかく保湿し、乾燥させないようにすることが大切です。

お風呂の温度は高いほど乾燥する

寒い時は熱いお風呂に入って温まりたいと思うものですが、熱すぎるお湯は必要な皮脂まで奪い、肌を余計乾燥させるということも覚えておきたいもの。

お風呂でクレンジングや洗顔をする方は熱いお湯で顔を洗わないように気をつけるようにしましょう。皮脂を奪い過ぎると肌のバリア機能が低下したり、さらに皮脂の分泌を招くことになってしまい肌トラブルの原因になることもあります。

お風呂の温度は38度くらいにし、肌あたりが柔らかくなるような入浴剤を使用するのも効果的です。最近は保湿効果のある入浴剤もあるので体の肌も乾燥するという方は試してみてもよいのではないでしょうか。体を洗うときもナイロンタオルなどでゴシゴシ擦らないようにしましょう。

体の保湿もしておきたい

お風呂から出たら早めに化粧水で保湿するようにしましょう。冬場は顔だけではなく、体も保湿ローションなどを使うことをオススメします。空気が乾燥しやすい時期なので、加湿器を使ってみたり、スチーマーを使ってお手入れするのもよいでしょう。

肌が乾燥してきたないるなと感じたら、化粧水をスプレーするよりも軽めの乳液やさっぱりタイプの美容液を使用するのがオススメです。こまめなケアでしっとりとした肌を保つように心がけましょう。

スポンサーリンク