ニキビの種類は進行状態によって4段階あるって知ってた?

ニキビの種類

ニキビの原因

ニキビの原因は主に過剰な皮脂の分泌、毛穴の出口が詰まる、そしてニキビ菌の繁殖があげられます。よく顔や胸、背中などにできる赤いぷつぷつしたニキビは、毛包や皮脂腺が炎症を起こしている状態です。

ニキビのピ-ク

ニキビのピ-クは思春期で、それ以降は次第に減少していきます。男女差はあまりないと言われていますが、医療機関を訪れる患者は女性が2倍近い数になっています。

ニキビの種類

1.脂腺性毛包

大きな皮脂腺を持つ毛孔で、顔、胸、背中に分布しています。皮脂腺から皮脂が分泌され潤いが保たれていますが、ニキビはこの脂線性毛包に起きる病気です。

2.面皰(めんぽう)

これはニキビの初期段階で、毛孔が詰まって皮脂がたまり、毛孔が膨らんだ状態で、ニキビ菌が増えやすい状態です。

3.丘疹

ニキビの進んだ段階で、赤く炎症を起こし、丘のように盛り上がっています。

4.膿疱

ニキビのさらに進んだ段階で、毛孔が破壊され、ニキビ菌が増えて膿がたまり、炎症がひどくなっています。

ニキビの悪化予防と日常生活の注意点

ニキビを悪化させないためには、まずニキビをつぶしてはいけません。また毛穴をふさぐような化粧品の使用はなるべく控えることです。そして洗顔時にはぬるま湯での石鹸洗顔で、毛穴を開けて皮脂を落とすことです。

日常生活で注意することは、まず食生活では動物性油脂はニキビの大敵なので、緑黄色野菜を摂りましょう。
コ-ヒ-やたばこ、アルコ-ルなどの嗜好品は、刺激物であり体のストレスになります。
そしてこれらはビタミンCを消耗させ、ニキビの修復を遅らせるので、なるべく控えることです。

外出する際にどうしてもお化粧が必要ならば、帰宅したらすぐに洗顔して化粧を落とすこと。またヘアスタイルはニキビを髪で隠したりすると、不潔になってかえってニキビを悪化させてしまうので、髪の毛が顔に触れないようなヘアスタイルを心がけましょう。

これらの悪化予防をしていても、ニキビが悪化してくるようであれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

参考:ニキビ!そのままにしてませんか?|大塚製薬

スポンサーリンク