ニキビ治療薬”イソトロイン”というものがあるらしい。

イソトロイン

最初は思春期のニキビでそのうち良くなるだろうと思っていたのに治らない頑固なニキビ、そして適切な方法で治療しなかったり、ニキビを潰してしまったために目立って残ってしまったニキビあと。

実は日本には長年ニキビに悩まされ続けている人がかなりたくさんいるのです。

10代に発症したニキビに30代になっても悩まされている人もいれば、治らないニキビあとのために精神的に苦痛な毎日を送っているという重症ニキビの患者さんもいます。

「たかがニキビ」という問題ではすまされない、生活の質そのものに悪い影響を及ぼすニキビにお悩みの方に最後の砦となるであろうニキビ治療薬を紹介します。

高い効果の治療薬、でも日本では未認可

長年のどんな治療も効果があらわれなかったほどの重症なニキビにはイソトロイン(アキュテインジェネリック)という経口治療薬が希望の光となるかもしれません。

イソトロインは抗生物質以外でニキビを治療できる唯一の薬とされており、皮脂腺を縮小させることで皮脂の分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用、そして抗炎症作用という優れた成分を持っています。

これによって重症ニキビに長年ずっと悩んできた患者さんが数か月の服用で効果が見られた、どんな薬でも治らなかったニキビがイソトロインで激減した、
半年でニキビができなくなりニキビあとがほとんど目立たなくなったという報告もあります。

しかし、この劇的な効果の反面、倦怠感や不眠、胎児への催奇形性などの強い副作用も同時に報告されており、日本では未だ認可されていないニキビ治療薬です。

イソトロインを入手する方法

もし最後の手段としてイソトロインを使いたい場合は、美容皮膚科などの自由診療で処方してもらう方法があります。

抗生物質を半永久的に飲み続けるのか、または副作用を理解したうえでイソトロインを用いて確実に短期間でニキビと決別するか、個人の判断が分かれるところでしょう。

他にも治療法をよく検討したうえで、どの治療法が自分のニキビ治療に最適であるかをぜひ見つけてください。

スポンサーリンク